カンボジア小学校内に『GOOD LUCK LIBRARY』完成。アールイズでの挙式を通じて、開発途上国の図書館設置を支援。

2017.12.21


海外・国内リゾートウエディングの企画・運営を手がける株式会社グッドラック・コーポレーション(本社:東京都 品川区 代表取締役社長:堀田和宣)は、2016年より結婚式1組あたり3ドルを、NGO「Room to Read」(以下、ルーム・トゥ・リード。本部:アメリカ合衆国、代表:ジョン・ウッド)に寄付し、アジアの開発途上国の図書館(愛称:『GOOD LUCK LIBRARY(グッドラックライブラリー)』)を設置するプロジェクトを開始、この度、カンボジアカンポンチャム州の小学校内に完成いたしました。

『GOOD LUCK LIBRARY』が設置されたカンポンチャム州は、カンボジアで4番目に人口が多い州で約100万人が暮らしていますが、その内の51%は国が定める貧困ライン以下の生活環境で、村人の大部分は農業に従事し、乾期には仕事を求め移住を伴う季節労働を余儀なくされる状況で継続的な教育の障害に影響しているのが現状な地域です。

ユネスコの推計によれば、世界には、読み書きができない人たちが7億8,000万人もいるといわれており、読み書きのできない人のうち、3分の2は女性、そして90%は開発途上国に住んでいます。このような現状は、彼らが十分に“学ぶ”機会を得られていないからです。
学校が近くにないため教育を受けるべき年齢になっても教育を受けられない、教師の人数が足りないというような背景があります。これらを打破するためには、まずは文字を読んだり書いたりする機会を与えることが重要だと考えています。

グッドラック・コーポレーションでは、今後も、文字の読み書きの機会を創り出すための取り組みとして、ルーム・トゥ・リードへ結婚式1組あたり3ドルを寄付し、『GOOD LUCK LIBRARY』の設置を目指して、教育を受けられていない多くの人々に対して、“学ぶ”機会を与えることができるよう取り組んでまいります。

『GOOD LUCK LIBRARY』の現地視察報告はこちら