~子育てをしている社員も長期で働き続けられる職場環境の向上を目指して~
アールイズ・ウエディング、新たな育児支援制度
スタート

2019.02.28


海外・国内(沖縄)リゾートウエディングブランド「アールイズ・ウエディング」展開する株式会社グッドラック・ コーポレーション(本社:東京都品川区代表取締役:堀田和宣)は、育児に携わる社員に対し、短時間勤務及び勤務時間の繰上/繰下勤務の期間を小学校入学まで延長する制度を2019年1月より開始いたします。


導入背景・目的
厚生労働省「平成 28 年度雇用均等基本調査」によると、現在、 育児休業制度の規定がある企業において、子どもの最長育児休業期間は、「1歳6か月(法定どおり)」が 86.3%と最も高くなっており、次いで「2歳~3歳未満」7.8%「1歳6か月 を超え2歳未満」4.2%の順となっており、3歳以上はわずか1.7%となっています。

弊社に勤務する従業員の男女比率は男性:女性=2:8と女性の方が多いという環境から、女性がより働きやすい環境づくりを目的とし、2015年より育児に携わる社員の子どもが3歳になるまでの短時間勤務及び繰上/繰下勤務制度を実施してまいりました。徐々に育児支援制度の利用率も増えてきており、現状育児支援制度の対象ではないものの、将来自分がその対象になった時に「働く意欲はあるものの出産後も長く働きつづけることができるのか」と考える社員も少なくなく、将来を見据えた働き方への需要・関心が高くなってきていることを受け、仕事と家庭を両立を支援し、働きやすい環境を整えることで、子育てをしている社員がより積極的に挑戦・活躍できる企業となるべく、3歳から小学校入学までと短時間勤務及び勤務時間の繰上/繰下勤務の期間の延長を決定いたしました。

今後も「どのような制度であれば利用する社員もそうではない社員も働きやすくなるのか」「現状の課題は何か」を熟考し、社員の声に耳を傾けながら、働きやすい環境づくりをサポートしていくと共に、企業理念でもある「世界中を幸せに」を社員ひとりひとりにも還元できるような企業を目指してまいります。


=制度概要=
■支援内容
育児による短時間勤務及び繰上/繰下勤務の期間を小学校入学まで延長

■対象者
当社に所属している正社員
※育児による短時間勤務及び繰上/繰下勤務中の社員

■対象条件
・産休前の在籍期間が2年以上の社員
・育児時短勤務及び繰上/繰下勤務開始後の評価ランクが平均B2以上
・土日どちらか、または両方の勤務必須(営業本部所属者(シフト勤務者)のみ)